帰り道はトークだった

  • 投稿日:
  • by

0216B-0001.jpg

「もりやすじ原画展 もぐらのイメージボード」のトークイベント「父・もりやすじ〜家族から見た素顔」を開催し、ふらふらしながらゲスト森淳さんの相手をしました。いつものように、PCからなぜかスライドが再生されなかったりする不具合がありながら。吉祥寺「一日」にて。ご子息淳氏は前日に現在住んでいる石垣島より飛来され、自身で選んだ写真を映しながら思い出を語られました。立ち見を出して、ぎゅうぎゅう詰めでしたが、観客のみなさんには一時、もりさんの素顔に接することができたのではないかと思われます。小田部羊一さん、相磯嘉雄さん、藝大の伊藤有壱教授をはじめ、ご参加頂いたみなさんに感謝いたします。 Photo:金子由郎

ワイン OPEN ナウ!

  • 投稿日:
  • by

0215K-0007.jpg

ワインオープナーだけは忘れず(前回忘れた)吉祥寺「一日」へ行きました。今日は「もりやすじ原画展 もぐらのイメージボード」の開催を祝うオープニングパーティです。。ちょっとのワインと少しの(しかし高級な)お惣菜でつつましく。小田部羊一さん、友永和秀の奴、南正時先生、研究家叶精二氏などの豪華メンバーで乾杯。相磯さん、細田さん、草間さんなど東映OBアニメーターのみなさんも駆けつけていただき、にぎやかな宴になりました。これから10日間もりさんの描かれた「アリババと40匹の盗賊」や劇場版「フランダースの犬」のボード、「青い海のエルフィ」初期構想スケッチなど貴重な作品をご覧いただきます。写真:金子由郎

画家飲むだ歩き

  • 投稿日:
  • by

0209-0002.jpg

画家でありエッセイストの牧野伊三夫さんの旅エッセイ『画家のむだ歩き』(中央公論新社)刊行を記念して、開催された吉祥寺の「百年」のトークへ参加しました。

年増トーク

  • 投稿日:
  • by

0202-0004.jpg

池袋駅前の東京芸術劇場で開催された「オールとしま・ウエルカム・東アジア」のトークイベントを拝聴するためにNeko氏とお邪魔した。
登壇者はおなじみの面々、鈴木伸一さん、ひこねのりおさん、古川タクさんの「ふらふら3人組(なみき命名)」である。たった90分ではこの中の一人でも経歴を説明できるはずもなく、完全な消化不良で終了。お三方はその後二次会でウサをはらしたとか。

しゃくジジイ怖え

  • 投稿日:
  • by

0201-0001.jpg

石神井公園駅近くの焼き鳥屋すみれで小宴会。
アニドウ元会長、相磯嘉雄さんの全快を祝って小田部羊一さん、草間眞之介さんという旧知の仲間が集まったもの。このお三方、東映動画出身というだけでなく、現在進行中の某国営放送の朝ドラでアドバイザーとして活躍しているという共通点があるのです。
しかし、その実態は「すずちゃん可愛いよね〜」という同じ感想を持っているおっさんトリオなのでした。
情けないぞ!僕なら、たとえH瀬すずが微笑んだって、デレデレしないのだ!!

いざ展

  • 投稿日:
  • by

0131-0001.jpg

脱兎のごとく走って路面電車の写真展を見ようと銀座へやってきたが、SONYビルのあった場所のどこでやっているのか迷ってしまい、ついに断念。すっかり地下のイベントスペーシだと思い込んだのだが、全然違っていた。まことに残念。しょうがないので、レストラン「スイス」で美味しいカツカレーをやけ食いしました。

いま、かんばんの思いを込めて

  • 投稿日:
  • by

0130-0001.jpg

終わり間際の時間(8時過ぎ)に西荻の名店「オーケストラ」へカレーを食べに今晩も行きました。ところが珍しく、客がいなくて僕一人。なんだか寂しいなと思っていたら、「今日はなぜかお客さんが全然来なくて」と嘆く店のお嬢様の声。僕が最初で最後の客になりそうというので、僕も役にたったと喜んだわけ。しばらくしたら、表の看板が休業中になりっぱなしだったと気がついて客がこない理由がわかったのだけれど、今度は僕が看板も見ないで入ってくる図々しい客のようになり、なんだかなあ。とにかく美味しかったので良いのですがね。

雲隠れ邪魔のそばの吉

  • 投稿日:
  • by

0127b-0001.jpg

西荻窪で行きつけのワインとそばの店「吉」が移転のため、本日で営業終了。賑わう最後の日を記録しようと頼まれもしないのに大きな方のカメラを持って参加しました。写真はスタッフのみ。この外にたくさんのお客さんがおりました。

メメニマ見せてやる

  • 投稿日:
  • by

0127-0001.jpg

中目黒のSpace Dで開催された短編アニメーション上映会「MEMENIMA #1 デンマークで会った作家たち」に参加。出品作家の深谷莉沙さん、小谷野萌さん、Anastasia Melikhovaさんのトークイベントも途中から聞くことができました。