驚き番

  • 投稿日:
  • by

0917-0001.jpg

弁当食べながら湘南新宿ラインに乗って、横浜美術館へ行きました。
同館所蔵の1960年代短編アニメーションの上映会があり、ナビゲーターを古川タクさんがやるというので。
懐かしい上映作品は下記でした。やはりフィルム映写はええですな。

禿山の一夜 アレクサンドル・アレクセイエフ+クレア・パーカー/16ミリ/8分/1933◎
トレード・タトゥー レン・ライ/16ミリ/5分/1937 ◎
線と色の即興詩 ノーマン・マクラレン/16ミリ/5分/6分/1955 ◎
堅々嶽夫婦庭訓 横尾忠則/16ミリ/6分/1964 ◎
仮面のマリオネットたち 田名網敬一/16ミリ/8分/1965 ◎
フランク・フィルム フランク&キャロライン・モリス/16ミリ/9分/1975 ◎
驚き盤 古川タク/16ミリ/5分/1975
砂の城 コ・ホードマン/16ミリ/13分/1977 ◎
コーヒーブレイク 古川タク/16ミリ/3分/1978
映像(かげ) 相原信洋/16ミリ/6分/1987 ◎
[特別上映]一茶(エンドロールのためのアニメーション) 古川タク/デジタル/4分/2017
◎...横浜美術館所蔵作品

瓶提示

  • 投稿日:
  • by

0916-0001.jpg

3月に行ったポルトガル旅行で、小田部羊一さんにポルトワインを買ってきました。ところが、皆と一緒に開けようと小田部さんがおっしゃるので、今日まで大事にして来たヴィンンテージワインを近くのレストランを借りて飲むことになりました。破顔一笑の小田部さんの顔が物語るように、とても美味しいワインでありました。

天狗湯裁き

  • 投稿日:
  • by

0915-0001.jpg

「おネコさん、どんな夢を見ていたんだい?」
一番自宅から近いはずの銭湯天狗湯へ初めていった。名物のネコが番台やマッサージマシンに寝ているのであった。どんな夢を見ているのか気になるのは、天狗だけはあるまい。

たまでんねん

  • 投稿日:
  • by

0914-0001.jpg

梅が丘で顔合わせがあり、新宿経由で行けばいいものを、100円バスで久我山へ出て明大前、そして下高井戸から世田谷線で山下(豪徳寺)へ出て梅が丘というコースで行きました。ただ世田谷線に乗りたかっただけでしたね。たまにはね。

しゃっくり爺

  • 投稿日:
  • by

0912-0001.jpg

先輩アニメーターにあって資料をめぐんでもらうことになり、うきうきと大泉学園から乃木坂へ向かう。
乗り換えるため石神井公園駅で副都心線を待っていたら、なんだか気持ちの悪い電車がきた。メーテル正面顔は怖いなあ。ゲポっ。

労あれど、だーるい

  • 投稿日:
  • by

0910-0001.jpg

たまには読書三昧でもと、オープロ階下の喫茶店「アビアント」でロアルド・ダールの短編集「王女マメーリア」を読みました。
しばらくダールにはまりそう。

サムタイム回し

  • 投稿日:
  • by

0909-0001.jpg

ひさしぶりに吉祥寺のジャズハウス、サムタイムへ。保留期間をかなりすぎたマイボトルも無事に出て来て、食事もおいしく、プレイも最高でした。

す、好きだ!

  • 投稿日:
  • by

0908-0001.jpg

生まれ育った故郷の隣駅北浦和にある埼玉県立近代美術館のススキダトシオ(小林治)展へやっと行きました。
ヴォリュームのある展示で、広いスペースも狭く感じました。ビデオ上映もあり、子供達が笑っていました。大人は感心するばかりでいけません。

猫面たり

  • 投稿日:
  • by

0901-0001.jpg

西荻平和通りに、いつものにゃんこ。たぶんこの八百屋の飼猫なのか。この辺の店に自由に出入りしているから、にわとり文庫の猫なのか、金魚屋の猫なのか、ちょっとわからない。全然なついてくれないけれど、見かけるとちょっとうれしい。

0831-0001.jpg

メインのコンピュータiMacが極端に遅くなってしまった。これではあと3日に迫った「高畑勲さんを偲ぶ会Part2」の映像編集に間に合わないと、いきなりヨドバシカメラへ走って、新機を買ってきた。15万円也。データをさくっと移行させようと試みたが、うしろのスロットの形状が違うじゃないの!表はどうみても同じ機種なのに。なんてこったい。結局有線では出来ずに、無線でトロトロ移行することになりました。ああ、間に合わない!