花以下だ

  • 投稿日:
  • by

0402-0001.jpg

毎年恒例のオープロ、アニドウ花見。いつもの小金井公園です。今年は参加者がちょっとさびしかったなあ。

男はTAAFでなければ生きられない

  • 投稿日:
  • by

0311-0003.jpg

としまセンタースクエアで開催された「東京アニメアワード2019」の授賞式にプレスとしてウロチョロし、写真を撮ってきました。
まずアニメ功労部門の受賞者として、「ホルス」「三千里」の脚本家深沢一夫さん(ご子息原勲夫さんが代理登壇)。プレゼンターは小田部羊一さん。
客席にはアニソンの女王堀江美都子さんと「ハイジ」の杉山佳寿子さんが笑顔で応えてくれました。
そしてコバヤシさんにリクエストされて喜んで撮った小林治さんとコバヤシオサムさん。
この後催されたパーティは欠席して、「せんごく」という和風居酒屋へ向かい身内だけでささやかな打ち上げをしました。

理あるを考える

  • 投稿日:
  • by

IMG_3776.jpg

東京アニメアワード2019の高畑勲監督追悼(1)の司会を担当してきました。「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」の上映終了後小田部羊一さん、声優の杉山佳寿子さん、竹内孝次ディレクターによるトークセッションで、短かったけれど司会もボロを出さずに終了?(写真=Karin)

帰り道はトークだった

  • 投稿日:
  • by

0216B-0001.jpg

「もりやすじ原画展 もぐらのイメージボード」のトークイベント「父・もりやすじ〜家族から見た素顔」を開催し、ふらふらしながらゲスト森淳さんの相手をしました。いつものように、PCからなぜかスライドが再生されなかったりする不具合がありながら。吉祥寺「一日」にて。ご子息淳氏は前日に現在住んでいる石垣島より飛来され、自身で選んだ写真を映しながら思い出を語られました。立ち見を出して、ぎゅうぎゅう詰めでしたが、観客のみなさんには一時、もりさんの素顔に接することができたのではないかと思われます。小田部羊一さん、相磯嘉雄さん、藝大の伊藤有壱教授をはじめ、ご参加頂いたみなさんに感謝いたします。 Photo:金子由郎

ワイン OPEN ナウ!

  • 投稿日:
  • by

0215K-0007.jpg

ワインオープナーだけは忘れず(前回忘れた)吉祥寺「一日」へ行きました。今日は「もりやすじ原画展 もぐらのイメージボード」の開催を祝うオープニングパーティです。。ちょっとのワインと少しの(しかし高級な)お惣菜でつつましく。小田部羊一さん、友永和秀の奴、南正時先生、研究家叶精二氏などの豪華メンバーで乾杯。相磯さん、細田さん、草間さんなど東映OBアニメーターのみなさんも駆けつけていただき、にぎやかな宴になりました。これから10日間もりさんの描かれた「アリババと40匹の盗賊」や劇場版「フランダースの犬」のボード、「青い海のエルフィ」初期構想スケッチなど貴重な作品をご覧いただきます。写真:金子由郎

画家飲むだ歩き

  • 投稿日:
  • by

0209-0002.jpg

画家でありエッセイストの牧野伊三夫さんの旅エッセイ『画家のむだ歩き』(中央公論新社)刊行を記念して、開催された吉祥寺の「百年」のトークへ参加しました。

年増トーク

  • 投稿日:
  • by

0202-0004.jpg

池袋駅前の東京芸術劇場で開催された「オールとしま・ウエルカム・東アジア」のトークイベントを拝聴するためにNeko氏とお邪魔した。
登壇者はおなじみの面々、鈴木伸一さん、ひこねのりおさん、古川タクさんの「ふらふら3人組(なみき命名)」である。たった90分ではこの中の一人でも経歴を説明できるはずもなく、完全な消化不良で終了。お三方はその後二次会でウサをはらしたとか。