明後日もいる

  • 投稿日:
  • by

0823-0003.jpg

広島国際アニメーションフェスティバル 初日。
夕方からのコンペティション・プログラムからだなと、ゆったり考えていたら、午前中からプリット・ピャルン監督他国際審査員の記者会見があるというので、開けたブースも閉めて、写真撮影に挑んだ。
午後は、応援に来てくれたアニドレイの西川口擬人くん(初参加)や参集してくる知人に挨拶しているうちに、夜に。
コンペ作品は全体として特に可も無く不可もない印象だが、トリル・コーヴ監督の「スレッズ」Threads、シンティス・ルンドグレン監督の「マニヴァルド」Manivaldが興味をひいた。
ベテラン、ジョルジュ・シュヴィッツゲベル監督の「サン ロマーノの戦い」The Battle of San Romano はさすがだった。
終了後、隣の広島市国際交流会館で恒例のオープニング・パーティに参加。さらにその後、知人数人と流川に流れて、餃子専門店「王」でゆっくり飲みました。初日から盛りだくさんで疲れたなあ。(写真:金子由郎)