私の値切り値切られ史

  • 投稿日:
  • by

1110-0002.jpg

また古書店「盛林堂書房」へ寄ってしまった。先日買ったばかりなので、なぜかまた手に荷物。
購入物は下記の如し。今日はたった3冊!

「鉄腕アトム ORIGINAL」手塚治虫 1997 光文社コミックス発行
「私の裏切り裏切られ史」花登-筐 1983年 朝日新聞社
「ジャズと映画と仲間たち」和田 誠・猪腰 弘之 2001 講談社

「鉄腕アトム ORIGINAL」
「少年」の付録などの読み切り短編を収録したもの。
これがものすごく面白い。ページが少ないからダラダラしていられなくて展開が早い。
こうした作品で育って来た自分なので、まさにピッタリフィットする感覚で読み進められる。
マンガはもう一度月刊誌だけにすべきではないか!?

「私の裏切り裏切られ史」
晩年の著者が苦い思い出を中心にした回顧録。「細うで繁盛記」と「どてらい男(やつ)」の原作者兼脚本家である筆者の遺言のような一冊。中身は呼んだ事がないのだけれど、このインパクトのある署名は忘れられない。故片山雅博がよく「あんた(小生)にもピッタリの題名じゃねえか?」と喜んでいた。「もっとも<私の裏切り裏切り史>かなっ!」とも。
何かにつけてパロって話しに出てくる題名でもありました。今頃になってご本家を入手したわけ。

「ジャズと映画と仲間たち」
和田さんの映画だから本編はおしゃれで、なおかつメイキングの本もオシャレなのです。
製作中のこだわりが判るのはとても楽しい。