廻向スタジオ

  • 投稿日:
  • by

1983okamoto.jpg

東京国立近代美術館フィルムセンターの企画展で「人形アニメーション作家 持永只仁」という素晴らしい展覧会が開かれている。
いくつかのイベントも会期中に開催されたが、本日はおかだえみこさんの「日本アニメーション映画史の中の持永只仁」というトークが行われた。
持永さんはもちろん、川本・岡本のご両人に話も出て、とても有意義な時間を過ごした。
それにしてもなにもかも懐かしい。
終わってみればお隣は岡本さと子夫人で、しばらく思い出してしまった岡本さんのエピソードなどおしゃべりしてしまった。全国巡業した「岡本忠成の世界」などが忘れられない。
フィルムセンターを辞してからなお、岡本さんを思い出されて、ビール好きの氏を追悼するつもりで、銀座ライオンへ行き黒ビールを痛飲する。岡本さんがご存命なら、この世も楽しかったのになあ、と心から思う。(写真は1983年の巡業。北九州会場で)